食わせん坊日記 hana0224.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

hanaです。趣味は飲酒と繰り上げ返済。2018年6月から2冊目の日記(https://hana0224part2.exblog.jp/)に綴っています。


by hana-0224
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

釧路で炉端焼き


本日より釧路出張のため、夫も出社、taroも学校へ行き、私はjiroを保育園へ送っていった。
保育園に着いて「お友達と仲良く遊ぼうね」と話すと、
もう何度も言われてうんざりしたのかjiroも「わかってるよ!」というような話し方。
「そういう話し方はいけないよ。」などなど話していると、だんだん私とjiroもモメだし、jiroが泣き出し、保育園に行かない!と言い出す。
これから飛行機なので、それでは困ると、なんとか保育園の中まで連れて行くが、これまで見たこともないほど泣いている。
担任の先生は、延期で観られなくなる祖父母の方々のための運動会が始まるので、園庭へ行かれたので、jiroのことをいつも面倒みてくださる年配の補助保育士さんがjiroにずっと声をかけてくれた。
それでも泣いて、保育園行きたくないと。
jiroは保育園6年目のベテランだけれど、保育園へ行かないと言ったのは今回が初めて。
階段を降りていくけれど、あまりの泣いているので、このまま連れて行っても運動会は台無しになるし、私も途方に暮れて泣いているjiroの横に座る。涙が出てくる。
今日このまま保育園に預けていくと、きっとjiroは辛い思いをすると思った。
無理やり置いていくこともできたけれど、やはり心配なので、本人の希望通り連れて帰ることにした。
さて、どうしよう。
家に置いていく訳にはいかない。
航空券をとって、釧路に連れて行く?
私の仕事が危うい…。
taroが宿泊体験から帰ってくるけれど、この状態のjiroをtaroに預けるわけにもいかない。
ひとまず家に戻り、私は出張の準備、jiroはもう落ち着いてきてDVDを観たり、本を読んだりしている。
jiroにお昼どこがいい?と聞いたら、ガストだって…。
jiroはピザ、私はカキフライ。なかなか美味しかった。
d0068151_09314090.jpg
飛行機の時間は迫っているので、最後の手段、父に連絡をしてみる。
すると仕事が終わって戻ることができるのが、私が家を出なくてはいけない30分前だったので、jiroを迎えに来てもらい、預かってもらうことができた。
jiroはすっかりいつも通りになって、北海道のお土産と、北海道の森の妖精を捕まえてくる約束をした(実際はキタキツネの子供の写真が撮れたので、帰って見せたら大喜びだった)。
父にjiroを預けたすぐあと、元気いっぱいでtaroが帰ってきて、私は大急ぎで空港へ。
はーーーーー、なんとかなった。

飛行機から富士山。
d0068151_09314246.jpg
夜は、釧路の炉端の名店へ。
焼き牡蠣
d0068151_09314537.jpg
阿寒ポーク
d0068151_09314776.jpg
つぶ貝刺
d0068151_09314904.jpg
お手洗いの歌が心にしみる
d0068151_09315173.jpg
料金は全て時価だそうです。
神楽坂にも姉妹店があるとか。今度行ってみたいな。
d0068151_09315307.jpg
ハチャメチャな出発となった。

実は、先月の中国を最後に、しばらく海外出張も、宿泊を伴う国内の出張も控えることにした。
今回の釧路、来月の中国地方だけは前から予定されていたので行くけれど、それ以外はどうしてもの時で長くても国内出張2泊くらいまでにしようと思っている。
ここ数年駆け抜けてきたけれど、「何のために働いているのか」というある人の言葉がずしんと響いた。
そうだ「何のために働いているのか」。
考えた結果、自分と家族の為、と思ったけれど、でもこれほどまでに家族にも迷惑をかけている。
もう、急ぎ足の生活を終わらせよう。仕事なんてどうだっていいや。
これまで一度も子供達も、夫も、両親も、私の仕事に対して何も言わず、協力してきてくれた。
けれど、もういいや!
もっと、日々の生活を、一日一日を豊かにかみしめるように生きていきたい。
もう迷惑かけない!子供達にも寂しい思いもさせない!
と決めると、急に気持ちが楽になった。

[PR]
by hana-0224 | 2017-10-10 09:29